ハードウェア開発

IoT開発

ハードウェア開発

DSC04393.jpg

ワイヤレスRTKモジュール LRTK

リアルタイムにセンチメートル精度の座標を取得できる、RTK測位をコンパクトに行えるモジュールです。

バッテリ、アンテナ、無線、GNSSレシーバを使いやすいワンパッケージに収めました。

​現場で使用されることを想定してハード設計を行っており、過酷な環境でも安心して利用できます。

DSC02194.jpg
DSC02200.jpg

汎用センサモニター

水位センサからのアナログ出力を処理し、RS-232Cで出力する端末の製作を行いました。 時刻やボーレートなどの設定もPC無しで、この端末上のみで完結します。 他のセンサへの応用も可能です。

自動ねこじゃらし

ねこと遊んでくれるハイテクおもちゃ「自動ねこじゃらし」を制作しました。 カメラで撮影した映像を物体検出Aiで解析し、猫にだけ反応します。

遠隔ねこじゃらし

HPのボタンから世界中どこからでも自宅のねこじゃらしを操作できるデバイス「遠隔ねこじゃらし」を開発しました。

アプリ開発

埋没配管をAR表示するアプリ

高精度ネットワーク型RTK測位とARの技術を組み合わせ、

埋没配管を可視化できるアプリを開発しました。 建設予定の建物をAR表示してチェック、施工状況確認、水糸のAR表示など、広く応用可能です。

スマホで土量・法面チェック ~体積・表面積測量~

スマホ単体で立体物や地形を3Dオブジェクト化するアプリを開発しました。 スキャンした対象の体積や表面積を計算することができます。

スマホでスピード測量「WALK SURVEY」

RTK測位情報をスマホと連動させたアプリ「WALK SURVEY」を

開発しました。 歩くだけで測位情報が記録され、図面に残したいポイントは

「測量開始」ボタンを押すと記録されます。

スマホで3Dモデリング ~簡単地形測量~

スマホ単体で地形を測量するアプリを開発しました。 森林など上空からの地形測量が困難である場合に、本アプリが役立ちます

IoT実験

9軸加速度センサモジュールを制作し、加速度を取得した際の実験動画です。
X,Y,Zに対応した3本の線がプロットされているのが分かります。

YOLOv4(物体検出AI)を用いて、硬貨の判別を行ってみました。

教師画像数わずか12枚にも関わらず、中々の高精度で検出しています。

IoT試作、共同開発のご相談はこちらから!