DSC04393.jpg

ワイヤレスRTKモジュール

LRTK

ワイヤレスRTKモジュール
LRTK

リアルタイムにセンチメートル精度の座標を取得できる測位法、RTK。

利用するにはアンテナ、GNSSレシーバ、バッテリ、無線機などを用意し、

それらを接続するケーブルが必要でした。

LRTKはすべての機材をワンパッケージに収め、ワイヤレス化、小型化に成功。

​現場で使用されることを想定してハード設計を行っており、過酷な環境でも安心して利用できます。

Point1 : 用意するのはスマホのみ

DSC04437.JPG

スマホ(Android/IOS)を用意すれば、すぐに測量を開始することができます。

Androidの場合はNMEAデータに対応しているアプリならOK。

IOSは弊社製アプリ「WALK SERVEY」に対応しています。

Point2 : LTE/3Gが圏外でもRTKできる

プレゼンテーション1.png

通常、RTKを利用するためにはインターネットから補正データを取得する必要があります。

インターネットが繋がらないと、当然RTKを行うことはできません。

LRTKは、携帯回線が圏外の地域でも測量が行えるよう、

見通し距離で7km届く920MHz帯の無線アンテナを内蔵しています。

​2台のLRTKを用意し、1台を基準局用、もう1台をRTK用としてRTK測位を行えます。

もし障害物が多い環境でもさらにもう1台LRTKを用意すれば、無線アンテナのマルチホップ 機能により遠くまで補正データを送信できます。

1台の基準局から利用できるLRTKの移動局(ノード数)は65000台です。

Point3 : 内蔵バッテリーで14時間動作

スクリーンショット 2021-11-16 163700.png

1日の測量に耐えられるよう、最長14時間動作可能なバッテリを搭載しています。

※使用環境により異なる

Point4 : IP67相当の防水性能!

DSC04668.JPG

突然の豪雨や砂埃、泥水に耐えられるように防水設計を行っています。

​泥で汚れた際は、水道でじゃぶじゃぶ洗ってもOK。

画像1.png

LRTK 取扱説明書 

LRTK A4サイズチラシ

生産に関して

完全受注生産にて対応しております。

納期は1か月です。(生産数により増減)

半導体供給不足により、生産が大幅に遅れる可能性があります。

発注、お見積り、カスタマイズのご相談はこちらよりお願いいたします。​