Raspberry Piのセットアップ手順について

猫IoTに向けて、Raspberry Piを使えるようにしましたので手順を説明します。



・ラズパイ4B

・ラズパイケース

・電源

・SDカード(32GB以上推奨)

・HDMIケーブル

※上記のセットはRS社のサイト等で購入可能です。(リンク)

・モニター

・キーボード

・マウス




ラズパイはSDカードから起動しますので、SDカードにOSをインストールする必要があります。

そのために、Raspberry Pi Imagerという公式ツールを使用します。

上記リンクからご自身のPCへDL、installします。



先ほどインストールしたラズパイImagerを用いて、SDカードにOSをインストールしていきます。

まず、Raspberry Pi Imagerを立ち上げます。

「CHOOSE OS」で「Raspberry Pi OS(32bit)」を選択

「SD Card」でOSをインストールするSDカードを選択

「WRITE」をクリックすると、OSの書き込みが開始されます。



OSをインストールしたSDカードをラズパイに挿入します。

電源を入れる前に、モニターに接続されているか確認しましょう。電源投入後にモニターに接続しても、画面が映りません。


確認できましたら、電源を入れます。

電源は、ケーブルを差し込むだけで入ります。

1分程度でRaspberry pi OSが立ち上がります。


その間に、キーボード、マウスも接続しておきましょう。


起動後、パスワード設定を行う必要があります。ウィザードに沿って設定してください。



WiFIに接続します。

WiFiアイコンをクリックし、設定を行ってください。


モニターにデスクトップ画面が映し出されたら、初期設定を行います。

まずは、以下コマンドをターミナル上で実行し、ラズパイのパッケージを最新状態にします。

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get upgrade

今後IoTを行っていく中で、I2C通信、SPI通信、SSH、VNCなどの機能が欲しくなってきます。

最初から有効化しておくことで、後々の手間が省けます。

左上のラズパイマークをクリックし、「設定」⇒「Raspberry Pi の設定」に進みます。「インターフェイス」タブから、全て有効にしてしまいましょう。

設定完了後、「OK」を押して終了です。


おそらく、今皆さんはマイPCのキーボード、マウスとラズパイ用のキーボード、マウスに囲まれていることと思います。

でも、そんな環境とはもうおさらばです。この設定を済ませれば、ご自分のPC画面上でラズパイを操作できるようになります。


PCからラズパイに対してリモートデスクトップ接続を行い、操作できるようにします。そうすることでラズパイには電源だけ接続するだけでOKとなり、キーボード、マウス操作も全てPC上から行えます。


1、ラズパイにxrdpをインストール

ターミナルを立ち上げ、xrdpをインストールします。

$ sudo apt-get -y install xrdp

2、ラズパイのIPを固定

次に、ラズパイのIPアドレスを固定します。リモートデスクトップ接続の際、ラズパイのIPアドレスを指定することでアクセスできるようになります。

ラズパイが起動し、ルータに接続された時に自動でIPアドレスが割り振られる訳ですが、このIPが毎回一定ではありません。毎回調べてリモートデスクトップ接続することもできますが、非常に手間です。よって、手動で設定して毎回IPが変化しないようにしよう、というわけです。


まず、WiFiマークにカーソルを合わせ、現在のIPアドレスを確認します。

弊社環境では、192.168.1.25でした。


次に、WiFiマークを右クリックします。

出てきたメニューの中から「Wireless & Wired Network Settings」を選択します。

右上のメニューから「wlan0」を選択し、上図のように記述します。

「Automatically ~~」のチェックを外します。ここのチェックが入っているとルータから自動でIPが割り振られ、毎回IPが変化します。

「IPv4 Address」は先ほど調べたものを入力します。「Router」と「DNS Server」は記入しなくても大丈夫です。

適用して、いったん閉じます。


これで、IPの手動設定は完了です。

一度再起動します。


次に、PCにて「リモートデスクトップ接続」を立ち上げます。

cortana等で「rdp」と検索すれば出てきます。

「コンピュータ」に先ほど手動設定したIPアドレスを記述します。

「接続」を押すと、認証画面が出ます。

ラズパイを初期起動した際にご自身で設定したユーザーネーム、パスワードを記入してログインしてください。

ログインが成功すれば、リモート接続の完了です。



以上が、いつも私が行っているラズパイの初期設定です。

初期設定が完了しましたら、バックアップを取っておくと後々便利です。

バックアップ管理の手法についても今後記事にしていきます。

本日はここまでとなります。





レフィクシアでは、IoT端末の開発を行っています。 受託開発、共同開発などのご相談はこちらまでお願いいたします。

↓↓

https://www.lefixea.com/contact

91回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示