top of page
  • lefixea

Raspberry Piのセットアップ手順について

猫IoTに向けて、Raspberry Piを使えるようにしましたので手順を説明します。



・ラズパイ4B

・ラズパイケース

・電源

・SDカード(32GB以上推奨)

・HDMIケーブル

※上記のセットはRS社のサイト等で購入可能です。(リンク)

・モニター

・キーボード

・マウス




ラズパイはSDカードから起動しますので、SDカードにOSをインストールする必要があります。

そのために、Raspberry Pi Imagerという公式ツールを使用します。

上記リンクからご自身のPCへDL、installします。



先ほどインストールしたラズパイImagerを用いて、SDカードにOSをインストールしていきます。

まず、Raspberry Pi Imagerを立ち上げます。

「CHOOSE OS」で「Raspberry Pi OS(32bit)」を選択

「SD Card」でOSをインストールするSDカードを選択

「WRITE」をクリックすると、OSの書き込みが開始されます。



OSをインストールしたSDカードをラズパイに挿入します。

電源を入れる前に、モニターに接続されているか確認しましょう。電源投入後にモニターに接続しても、画面が映りません。


確認できましたら、電源を入れます。

電源は、ケーブルを差し込むだけで入ります。

1分程度でRaspberry pi OSが立ち上がります。


その間に、キーボード、マウスも接続しておきましょう。


起動後、パスワード設定を行う必要があります。ウィザードに沿って設定してください。



WiFIに接続します。

WiFiアイコンをクリックし、設定を行ってください。


モニターにデスクトップ画面が映し出されたら、初期設定を行います。

まずは、以下コマンドをターミナル上で実行し、ラズパイのパッケージを最新状態にします。

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get upgrade

今後IoTを行っていく中で、I2C通信、SPI通信、SSH、VNCなどの機能が欲しくなってきます。

最初から有効化しておくことで、後々の手間が省けます。

左上のラズパイマークをクリックし、「設定」⇒「Raspberry Pi の設定」に進みます。「インターフェイス」タブから、全て有効にしてしまいましょう。

設定完了後、「OK」を押して終了です。


おそらく、今皆さんはマイPCのキーボード、マウスとラズパイ用のキーボード、マウスに囲まれていることと思います。

でも、そんな環境とはもうおさらばです。この設定を済ませれば、ご自分のPC画面上でラズパイを操作できるようになります。


PCからラズパイに対してリモートデスクトップ接続を行い、操作できるようにします。そうすることでラズパイには電源だけ接続するだけでOKとなり、キーボード、マウス操作も全てPC上から行えます。


1、ラズパイにxrdpをインストール