RTK受信機を使って
cm級の測量をしてみる

タイマーアイコン.jpeg
この記事は平均3分30秒で読めます
2022年7月1日 掲載
はじめに
こんにちは!レフィクシア株式会社の畑田です。
弊社はRTK-GNSS受信機の「LRTK」をはじめとした位置情報を使ったサービスを提供しています。手のひらサイズのRTK-GNSS受信機や、位置情報を利用したARアプリなど手がけているのでぜひこちらからチェックしてみてください!

そして今回使用する端末はこちら!
スクリーンショット 2022-06-30 8.05.23.png
①アンテナ ②GNSSレシーバ ③無線機 ④バッテリ​
の全てが搭載されたRTK-GNSS受信機。

LRTKシリーズの中で最も人気のある製品です。
今回はRTK(Real Time Kinematic)という方法を使用して、センチメートル単位の高精度な位置測定をしてみたいと思います。
​それでは早速やっていきましょう!
いきなりRTK測量スタート!と行きたいところですが、先にGNSSとは?とRTKとは?についてサクッと勉強しましょう!もちろん既に勉強済みの方は「LRTK Proを使ってRTK測量をしてみよう!」まで飛ばしてしまって大丈夫です!
GNSSとは?
GNSSとは「Global Navigation Satellite System(全球測位衛星システム)」の頭文字を取った言葉で、衛星測位システムの総称のことを指します。
米国のGPSをはじめ、ロシアのGLONASS、中国のBeiDou、日本のQZSSなど、様々な測位システムが含まれます。
GPSはみなさんお持ちのスマートフォンで地図アプリなどに使われていて身近ですね!
実は私生活でGPSを使用していると思っていても、このGNSSの他の電波を受信して位置情報を取得している場合もあるそうです。
 
RTKの仕組みについて
次にRTKの仕組みについてです!
RTKとは「Real Time Kinematic」の頭文字を取った言葉で、相対測位と呼ばれる方式の一つです。
基準局と移動局の2つの受信機でGNSS衛星から4つ以上の信号を受信し、その2つの受信機間で位置情報のズレを補正することでより高精度な位置を算出します。そしてその誤差を数センチメートル以内に抑えられるのが最大の特徴です。
この高精度な測位によって、単独測位ではできなかったドローンや農業機械、建設機械の自動運転などが可能になります。また、土木建設業では既に測量用端末としてRTK受信機が導入されているようです。
そしてなんとGNSS受信機一つでもRTK測量をする方法があります!
それは「ネットワーク型RTK」というものです。
この方法では、基準局の観測が不要で、その代わりに基準点データを「補正情報配信サービス」と呼ばれるものから集めます。
この「補正情報配信サービス」をインターネット経由で移動局に接続し、位置情報の補正を行います。つまり、インターネット環境のある場所なら受信機1つで移動局を観測するだけでRTK測位が可能になるのです!
この「補正情報配信サービス」には、ソフトバンク社のichimillなどのサービスがあります。
​今回はこの「ネットワーク型RTK」を使って測量してみます!
 
LRTK Proを使ってRTK測量をしてみよう!
DSC01574.JPG
​お待たせしました!いよいよ実際にRTK測量をしてみます!
​と言っても実はスマートフォンと本機を接続して専用アプリをポチポチするだけで測量できてしまいます。
​まずはLRTK専用アプリを無料でインストールしましょう!GooglePlayストアで公開されているので試しに使ってみてください!

​・LRTKアプリのダウンロード

LRTK App
RTK測位モジュールLRTK専用アプリ
lefixea inc.

​アプリがインストールできたらLRTK Proのとアプリと接続しましょう!
LRTK Proは背面の電源ボタンを長押しするだけで大丈夫です!
スクリーンショット 2022-06-30 8.52.12.png
あとは全てアプリで設定します!

① LRTK端末とスマートフォンをBluetoothで接続します。(詳しくはこちら)
② LRTK 専用アプリ LRTK App を開きます。

③ アプリ画面左上のハンバーガータブを押し、LRTKの設定 をタップします。
デバイス選択欄 から接続したいLRTK端末の型番を選択し、コネクトボタン を押します。
​これでLRTK端末との接続は完了です!
​下記が実際のアプリ画面です。

LRTKの設定

スクリーンショット 2022-05-25 17.47.06.png

デバイス選択

スクリーンショット 2022-05-25 17.45.44.png

コネクト

スクリーンショット 2022-05-25 17.45.44.png
そしていよいよ、位置情報を取得してみます!
​インターネット型RTKの設定をして実行してみましょう!

① ネットワーク型RTK をオンにします。
​② GNSS補正情報配信サービスの情報を入力します。
③ NTRIP接続開始 を押します。

ネットワーク型RTK オン

スクリーンショット 2022-05-25 17.45.44.png

補正情報入力

スクリーンショット 2022-05-25 18.18.59.png

接続開始

スクリーンショット 2022-05-25 18.18.59.png
操作は以上です、お疲れ様でした!
ボタンを押してから1分ほどで実際にアプリ画面に位置情報が出ました!
スクリーンショット 2022-06-30 9.03_edited.jpg
 
まとめと次回
RTK測量いかがだったでしょうか、スマートフォンとRTK-GNSS受信機1つで測量出来てしまうのはとても魅力的ですよね!
​もっと詳しい使い方は下記の動画やリンクにあるので参考にしてみてください!
LRTK Pro デモ動画
LRTK&phone.JPG
LRTK Pro完全サポートページ
次回はLRTK Proを2台使って、インターネットのない環境でのRTK測量をしてみたいと思います!
​お楽しみに!